お客様に安心の住まいを提供するために「在来軸組×捨て張り」工法を採用しております。

地盤調査・地盤補強
販売する宅地を1区画ずつ地盤を調査致します。地盤に欠陥が無いか、後に欠陥が発生しないか調査します。
強度を上げるための独自のベタ基礎工法を採用
地震に負けない家造りを行うためにベタ基礎のコーナーにコンクリート火打ちで強度を向上。
基礎と土台の間には基礎パッキンを設置します。
それにより、床下の湿気を排出して腐朽菌やシロアリの発生を未然に防ぎます。
強度の高い木材(無垢材の1.5倍)で耐久性
強度の高いと言われるオールエンジニアリングウッドを採用し、在来軸組工法で家の骨組みを建てます。
「捨て張り」で外壁を補強
外壁下地に構造用の合板を採用し、軸組工法による構造を面で支えることで地震などの揺れや衝撃に強い家を造ることが
できます。
「捨て張り」で床を補強
24mmの重ねしろ付き床合板を採用。フローリング材の下地に厚みのある合板で1階と2階の床を面で強度を向上させます。
   

 

構造材として最も重要な強度、寸法、精度に優れ、品質にバラつきがありません。

人工乾燥により、乾燥しても変形しない含水率11%〜14%まで乾燥させていますので、反りや割れなどの不具合は生じません。

また、単位重量あたりの強度、防火性能、断熱保湿性、吸音効果、調湿能力など優れた特性を有しております。




強度に優れたナイロン樹脂のプラ束を採用しております。 また、シロアリの被害を受けることもありません。
安心できる住まいをお求めなら、まずは盤石な床下が必要です。



タツミビルドは、日本住宅検査保証機構(JIO)による社外検査を実施し、お客さまに安心のお住まいをご購入頂いております。
住宅瑕疵担保履行法により定められた「瑕疵担保責任保険」、通称、『JIO我が家の保険』はお客さまを守る万全の保証制度
です。

『JIO我が家の保険』の詳細は、こちらをご覧ください。
詳細URL:http://www.jio-kensa.co.jp/service/insurance/my-home01.htm
橋本市・伊都郡の不動産はタツミビルドにお任せ